牛仙人のひとりごと: 北朝鮮の核実験

2006年10月10日

北朝鮮の核実験

北朝鮮が核実験を強行したため
マスコミは大騒ぎだ。
国連で何らかの制裁決議が可決されるとか
いや中国の出方によっては難しいとか
いろいろな観測が行なわれている。

これまで核を保有してしまった国に対しては
強硬な手段が獲られたことはない。
北朝鮮はそうした過去の経緯を研究して
今回の実験に踏み切ったのだろう。

とにかく北朝鮮などという国は国としての
体裁をなしていない。
古代から中世の奴隷制社会だ。
金一族と党軍幹部は貴族のような暮らしをして
民衆は生命を維持するのが精一杯といった状態だ。
無頼な行為を放置せずに支配層を
除去してしまうべきではないだろうか。

小泉もさんざ好き勝手にやっていたのだから
北朝鮮が核開発を続けるなら日本も
核武装するぞと脅かしてやればよかったのだ。

唯一の被爆国として日本は核アレルギーを
持っている。
しかし核保有のメリットは計り知れないのだ。
平和主義者や社共のような輩の反対、
アメリカをはじめとする国際社会の批判など
気にする必要はない。

現実に核を保有しておけば
中国やロシアに好き放題されることもなくなる。
日本くらいの技術力があれば
核爆弾など短期間で作れるという。
実際に作らなくてもいいから
状況によっては開発に着手するという
発言をかましておいても損はないと思う。

覚悟さえあれば北朝鮮のボロボロ核爆弾くらいで
オタオタする必要はまったくないのだ。
posted by 牛仙人 at 12:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かに日本も核を作らないといけない時期に来ていると思います。

平和ボケしている左よりのグループのたわごとを鵜呑みにしていたらこのまま行ったら犬死ですね。
Posted by 光 at 2006年10月10日 21:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25194405

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。