牛仙人のひとりごと: 息子のほうが・・・

2010年03月12日

息子のほうが・・・

息子が一浪で東大に合格した。
現役の時には東大一校しか受験しなかったのだが
今年は複数の学校を受験した。
中央、慶応にも合格し今年は三連勝だと・・

息子のほうが偉いようなことになった。
わし自身は勉強ができる子より
スポーツ万能な子の方がいいのだが
世間の目は違うようだ。

このまま大過なく過ごせば
いずれは社会の頂点に近いところまで
いけるかもしれない。

ただプライドばかり高くて人を
小ばかにしている今の官僚のような
人間にだけはなってほしくない。
自らを誇らず人の痛みをわかる人間で
いて欲しいと願うのだが。
無理かなあ。
posted by 牛仙人 at 16:19| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先生、御子息の東大入学おめでとうございます。

私も20年以上前ですが高校始まって以来W大学法学部を合格したときは、親が万歳!としたのを記憶しております。

 社会生活では転職を重ねて、ついに香港北京にまで流れてきてしまっていますが、親というのは有難い存在です。

 話はずれますが、最近、極真の幹部とよく会うのですが、彼はわたしに体を持ち上げろといって体を預けてくるのですが、全く持ち上がらない。
 体重は同じなのですが、どうも重心が私は下に降りていないということなのです。

 先生のご指導のおかげで、体調は良くなりました。回転のスワイショウを基本としてタントウコウをしています。
 上記の空手の友人の指摘から、回転のスワイショウに加えて、上下のスワイショウも加えています。
 上下のスワイショウ2000回というネット情報もありますが、下半身の負担が重く1000回が限界です。
 しかし回転よりも下半身にはいいようです。

 実際私が住んでいる香港ケネディタウンの公園では武術のサークルみたいのがありまして、週末に訓練をしているんですが、上下のスワイショウをしています。

 空手の友人は吉田秀彦氏との交流があり、道場の幹部でもあります。
 
 訓練して将来は柔道で戦ってみたいと思っております、

 
Posted by 香港魂 at 2010年03月12日 16:49
おめでとうございます

息子さんはもとよりご家族にとってもいい春になりましたね

先生の読書好きの影響と奥様の教育がよかったんでしょう おめでとうございます
Posted by モクレン at 2010年03月14日 11:57
有難うございます。
自分のことではないので
いまいち実感が・・・
と言うのは贅沢だと
知人に叱られましたよ。
さて香港の君へ。
練習相手がいるのならちょうどいいので
発勁法のDVDを進呈します。
送り先をメールしてください。
前後というのは前七後三だと思います。
コツは腕の力を抜くことです。
膝も力を抜いてクッションに
しておきましょう。
Posted by 牛仙人 at 2010年03月14日 12:42
 先生、現在香港から北京に引越中ですので住所が確定しましたら連絡します。

 さて、スワイショウ前後7:3なのですが、私は最初、ヒンズースクワットみたいに少し膝を折っていました。要するに下げるときに膝をちょっと下げていました。これはこれですごい運動になりまして、1000回目あたりでは最初は痙攣しました。

 それで公園の老人を見ると、ひざを下げていないので、その方法もためしました。
 この方法だと膝への負担がないので最初は楽なのですが、足の裏が地面とくっついている感覚がそのうち出てきて、足全体に手の回転によるおもみが増してきます。

 いろいろな流派や方法があると思いますが、香港では後者のような膝をあまり折らない方法が主流のようです。
Posted by 香港弟子 at 2010年03月25日 16:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。